人気ページランキング Best3!

page-rank1 page-rank2 page-rank3

薄毛と遺伝との関係

薄毛と遺伝には、関連性があるという研究もあれば、
関係ないという意見もあり、現状は、どちらともいえない状況です。

 

遺伝が関係するという考え方

ドイツでの研究によると、男性ホルモンの一種であるX染色体に含まれる、
アンドロゲンに変異があった場合に、薄毛になると考えられています。

 

そして、X染色体は、母親から受け継がれる遺伝子であるため、
母方の家系が薄毛であれば、髪の毛が薄くなる可能性が、
高くなるということになります。

 

後天的に予防できる方法

その一方で、薄毛や脱毛の原因として、ホルモンバランスやストレス、
食生活、そして、シャンプーの選び方や洗い方などのケアが、
薄毛と関係しているという研究もあります。

 

なかでも、皮膚に塗るステロイド剤や健康食品、サプリメントなどが、
影響しているという意見もあります。
これらは、食事として口から入れるものや、頭皮以外であっても、
皮膚に塗りこんだもので、体内で処理できなかったものが、残留成分として、
頭皮下にたまることも考えられます。

 

 

ですから、食事や薬など、体内に取り込むものに関しては、
特に気を配る必要があります。

 

健康食品だからとか、サプリメントだからといって安心するのではなく、
内容成分について、よく検討する必要性があります。

 

このように、薄毛と遺伝の関連性が全くないとも言い切れませんが、
日常生活で気をつけることによって、防ぐことのできる薄毛もあります。


 

 

育毛効果を重視した人気育毛剤


モニター参加者92%が実感! ⇒  薄毛女性に大人気!ランキング1位の育毛剤